urulu
朝焼けのウルル

オーストラリアのウルル(エアーズロック)で、砂漠に昇る朝焼けを見た。
ここに来るのは5度目だが、毎回自分の魂が引き寄せられるように感じる。

砂漠の空気は澄んでいて、天の川だって南十字星だってクリアに見える。非日常の中に、様々なスピリットを感じることができる場所だ。

オーストラリアは200年ちょっと程しか歴史がない、でも先住民のアボリジニたちは、長い年月をかけて、自分たちの部族の生き方や古来からの先代たちの教えを受け継ぎながら生きてきた。彼らの生きる知恵「ジュクルパ」を知ると、それがヨーガのヴェーダのようだと感じる。とても純粋で、スピリチュアルなもの、守るべきものだ。

3.11の昨日、日本を想いながら瞑想した。
世界が平和で、皆が自分らしく生きられる世の中であって欲しいと思いながら。

今ここに居れることに感謝。

Om S'anti.