FC2ブログ

※2018年4月末から6月13日まで和代はインドに滞在しています。教室のアーユルヴェーダ研修旅行終了後、現在、ヒマラヤのダラムサラ(チベット仏教の聖地)に来ています。
mankonstreet
ダラムサラの町の中心地のマクロード・ガンジー。ダライ・ラマ寺院はここにある

毎年教室の研修旅行で南インドに滞在した後は、ほぼ必ずこのダラムサラに来る。この時期平地は酷暑。38℃~45℃位になるためとても平地にはいられない。このダラムサラの中心地のマクロード・ガンジーは標高2082m、ちょうどアーユルヴェーダの研修旅行で滞在していたニルギリと同じくらいの標高で、気温も25℃前後とどちらも過ごしやすい。私はインドで平地にいない。いつも山の上で過ごすのだ。

しかしこのダラムサラも年々観光客の増加に伴い大気汚染やごみ問題が深刻化してきて、あまり快適とは言えなくなってきた。今年は過去最悪の空気の悪さで、ヒマラヤの山々が白くかすんで見える。人気観光地のトリウンド山も山頂でのキャンプがポピュラーになったことで、ゴミ山と化してきた。観光地化を進めるには、まずゴミ問題を何とかしなければいけないだろう。

とは言え、ここにくる理由はただヒマラヤの観光地でリラックスすることではない。サウンドヒーリングの先生のセッションを受けたり、普段自分が選ばないタイプのヨガやチャクラワークショップ、瞑想クラスを受けたり、また教室で使うシンギングボウルを購入するのもこの場所だ。そして、今年もダライ・ラマ法王のティーチングに参加する。これらを思えば十分ここに来る価値はある。

「ダラムサラ」とは、「ダラムシャーラ―」がなまった言葉だ。「ダラム(ダルマ/法、秩序、使命など)」と「サラ(シャーラ/場所・家)」の二つの言葉からできいる。ここは社会の秩序や生きる意味、人生の目的について学び悟りを目指すための場所、という意味になる。なんてすばらしい~!ダライ・ラマ14世が、若かりし頃チベットから脱出し、標高5000m越えのヒマラヤ山脈を越えてインドに亡命されてから、このダラムサラの一角のマクロード・ガンジーがチベット亡命社会の中心地となった。今はダライ・ラマ寺院を訪れたり、ヨガやヒーリング、アーユルヴェーダ、各種トリートメント、ヒマラヤのトレッキングなどを楽しむ観光客でにぎわっている。

ここはチベット人とインド人、仏教徒とヒンドゥー教徒が調和して生きるピースフルな町だ。もちろん人だけでなく、猿や牛や馬やあらゆる動物たちも共に生きている。私はこの町がとても好きだ。

☆ダラムサラのチャクラヒーリング体験の記事はこちら
☆神戸のアーラティー教室の月間スケジュールはこちら