a mank
カフェの二階から通りすがりのチベット僧をパチリ

2005年からほぼ毎年インドを訪れるようになって早14年、インドで経験してきた数多くのハードな体験の中でも、これは1,2を争うほど常軌を逸したものでした。あまりネガティブな話は書きたくありませんが、ネガティブな中にも学ぶべきことがある、というコンセプトであえて記事を書こうと思います。(長いです)。


その日は次の宿に移動する日だった。ある程度快適なホテルをあえて出るには理由がある。どんなに快適と予想する場所でも、実際に泊まってみると、騒音や汚染物質、隣人のパーティー騒ぎなどで、全然寝れないとか、とても不快だ、と思うことがよくある(インドの場合)。なので、日本で宿をとる時、あえて二か所に分けたのだ。どちらの場所も毎年泊まるエリアで環境はよく分かっていた。先に泊まった中級のホテルで大きな問題はなし、次の場所は立地は分かっていたので、あとは部屋の状況次第だと思っていた。こちらはどうやら個人が部屋貸しをしているらしく、あるオンライン予約サイトを通して日本で予約していった。

移動の日の前の週に、すでに下見をして、ここでだろうと思う宿を見つけた。玄関の掃除をしている女性に確認したところ、どうやらそこらしいと思った。そして移動の前日、チェックインの時間を確認しておこうと再度訪問し訊ねてみると、なんと、そこは全く関係のない宿だった。さあ、大変。明日は移動日で、すでに夕方だった。信頼できる予約サイトを通して予約したが、はっきりとした住所の記載はなく、情報は「Cool Talk Café」の裏側、ということだけだった。小さな集落なので、片っ端から周りのゲストハウスを当たったが、どこに訪ねてもそのような宿は聞いたことが無いという。。。狐につままれたような感じとはこのことか、と思った。

少々焦りながら、Wifiのあるカフェに入り、宿に直接メールをした。場所を聞いてもきっと見つけられないだろうと思い、その「Cool Talk Café」まで誰かを向かえに送って欲しいと伝えた。すると、女性を送るが彼女は中に入れないとか、その辺で待ってくれとかあやふやな答えだったので、当日会えない不安を残したくなかったので、確実にカフェの中で私を見つけるようにお願いした。

そして約束の12:00になったが、いっこうに迎えは現れない。カフェは満席で入れず、昨日そこにWifiはあると担当者から聞いていたが、実際には無かった。
「本当に宿に辿り着けるのか?」というか、そもそもその宿は存在するのか?という不安を感じながら、30分ほど待ってから、大きな荷物をカフェの近くの宿に預かってもらい、いつもPCワークをしに行くWifiのあるカフェまで行った。
直ぐに連絡をすると、そのカフェで待つようにと言われた。
しかし、1時間待っても誰も来ない。そのうちようやく、その辺をふらついていた男性が私の迎えだと分かり、向こうは私を男性だと思っていて、私は「女性をよこす」と言われていたから、女性が来るものだと思っていたので、ずっとお互いに認識しあうことなく待ち続けていたのだ。

普通ならこの辺でストーリーは終わりそうなものだが、話はここからだ。(続きを読むへ)
続きを読む