plig5plig6
★馬は物資を運んだり人を運ぶために国立公園入口手前の馬小屋に留め置かれている ★国立公園のゲートはいわば関所。人も物も検査を受けなければ通れない

101日の日記より)
まだ薄暗い中、ガンゴートリー国立公園を歩き始めた。
ガンゴートリーの標高は3048m、富士山の6~7合目くらいだろうか。実は3週間前に、毎年恒例の富士登山を終えていて、高度にはある程度体を慣らしておいた。一人で富士山を超える未知の標高まで登るのだから、できる限りの準備をしておきたかった。その甲斐あってか、緩やかな上り坂を登っていくのは全く苦でなく、体はすいすい動いていった。

30分ほど歩くとチェックポイントに到着した。そこで入山料600ルピー(1,020円程度)を払い、どこまで行くのか、いつ戻ってくるのかなどの質問を受けた。荷物検査では、アイテムをいくつ持っているかまで調べる念の入れようだ。そしてカメラやビデオ、テントを持っている人は、更に高額な料金を支払わされる。私は「一人か?」と聞かれて、一瞬考えたが、「友達は前にいて、私は遅いからゆっくり歩いています」と答えた。一人と言えば、簡単には通してもらえない雰囲気だったからだ。そしてようやく関所を越えた。

嘘はつきたくない。でも、あながち嘘でもないのだ。私にとって、山を歩く人はみんな友達。そういうことで、良しとしよう。(続く)

アーユルヴェーダ実践基礎講座10月末より開講
ヨガクラスのご予約1
ヨガクラスのご予約2

ゴームクへの道③~四大聖地~

ゴームクへの道①~ガンジス河の源流の氷河へ出発~