FC2ブログ

101日の日記より)

しばらく岩に座っていた。内側が開いて、外側とつながっている感じだった。まさにヨーガで言う、自分という小宇宙と大宇宙の融合、全体との一体感だった。シヴァ神からの洗礼を受けた、とでも言ったら、おこがましいだろうか。
gmkgmk

体はとても軽く感じられた。十分な食料と水をもってきていたが、食料にはあまり手を付けなかった。食べ物がいらないくらい、自然からのプラーナ(気)で充電できている感じだ。歩けば歩くほど、周りの人は苦しそうに見えるが、私は軽さばかりを感じていた。むしろ食べない方が心地よかった。多くのヨーガ行者が、僅かばかりの食料と水だけで苦行を行うという話を聞くが、体が場のエネルギーから十分なプラーナを取り入れられれば、食料などの物質的なエネルギーはあまり必要としないということを、身をもって理解した気がする。でもそれは、日頃、ヨーガやアーユルヴェディックなライフスタイルで、心身を整えているからこそ、経験できたことかもしれない。

12年前にここを訪れてから、何度も戻りたいと思った。でも、つらいことがあったから逃げ帰りたいのではなくて、自分自身が十分に成長を感じられて、満足した自分で戻りたいと思った。今の自分がそれに値するかどうかは分からなかったが、戻ってこれたことに深く満足している。(続く)

gmk14gmk12
★ガンガーに祈りをささげる女性 ★ゴームクで梅わかめご飯を食べたのは、きっと私が世界で一人目に違いない。お腹を満たしてから、また険しい岩道を歩く

アーユルヴェーダ実践基礎講座10月末より開講
ヨガクラスのご予約1
ヨガクラスのご予約2

ゴームクへの道⑧~ボージバサでの一夜~

ゴームクへの道⑥~シヴァ神からの洗礼~