FC2ブログ

rish2
さあ、その750円のバスだが、シートはボロボロ、誇りまみれ、タイヤのクッションは無いも同然、一番後部席となってしまった私の体は、走行中、強い衝撃で何度も何度も宙に浮いた。体がカーブの度に左右に振り回されるので、座席前のハンドルに掴まり続ける。横揺れと縦揺れが休むことなく続くので、体はずっと緊張したままだ。12時間ほぼノンストップのエクササイズ。しかも隣の男性はインナーマッスルが弱いようで、カーブの度に強く私に寄り掛かってくる。壁に押し付けられた私の右肩は青あざができるほど痛くなっていた。これでもバスを選ぶのか?次は、往復タクシーにしようと心に決めた。

いやいや、私は安さ重視で州営バスを、というあなたに一つアドバイスです。州営バスは庶民向けのバスなので、休憩所にトイレがないことが多い。つまり、その辺でしろってことなのだ。ランチ休憩の時にはあったけれど、朝食の休憩ではトイレはなかった。それ以外の休憩所でも。州営でも少し格上のバスになると、トイレのあるレストランで休憩をとってくれるので大丈夫。ガンゴートリーほど田舎で無ければ、Volvo(デラックスバス)や民間の快適なバスが走っているので、いくらか割高でもそれを選べば快適だ。エアコンがついていることも多い。インドのバス事情は州によっても異なるので、いろいろ調べてみると良いだろう。

アーユルヴェーダ実践基礎講座10月末より開講

ヨガクラスのご予約1
ヨガクラスのご予約2

ヨーガの聖地?リシケシ

ヒマヤラの州営バス①