FC2ブログ

light house
★南オーストラリアの田舎町。灯台とマグパイ(鳥)

オージー(オーストラリア人)の友人との話の中で、最近の子供達は自分達の頃よりも成長が早く、大きいという話になった。
それは私達日本人にも当てはまる気がする。でも理由はちょっと違うかもしれない。

私達や年上の年代は、椅子よりも床に座る事が多かった。特に私なんかの場合は、子供の頃から書道を習っていた影響で、家でも外でも常に正座をしていた。そのせいで脚の成長が阻害されて、脚が十分に伸びなかったのでは?と思っている。しかし今時の子は、床に座るよりも椅子に座る事が多いから、脚がスムーズに成長するのではないだろうか。これはあくまでも私の想像なんだけど。

こっちの子の話に戻ると、私達日本人と違って、彼らの生活環境はさほど変わっていないだろうから、考えられるのは食生活ではないかと思う。
特に一般的な肉や動物性の食品には成長を促進させるためのホルモン剤が投与されている。早く成長させることで市場に短い期間で売りに出す事ができるので、利益も早く生み出すことができる。ホルモン投与された動物性食品を継続して多量に摂取する事で、それは食べた人の成長も促進させることになるのではないか?というのが彼らの疑問なのだ。

あくまでも想像の域の話だけど、でも、もうすでに証明されているのかもしれない。
もちろん日本人の私達だって他人事じゃない。人は食べたものやその人の行いの現れなのだ。何を食べるかは、その人の人柄や性格、人生そのものを表すのだとアーユルヴェーダは教えている。

あなたは何を選びますか?

ブリスベンでヨガ

ターメリック・ラテ