京都の桜
2017年の京都・円山公園の桜

今年は新ウェブサイトの制作や、それに伴う諸々の調整作業で忙しく京都に桜を見に行くことができませんでした(T T)。ここ数年は、毎年京都に桜と紅葉を見に行くことが楽しみでしたが、今年はもう葉桜・・・、また来年に期待したいと思います。写真は昨年撮った写真です。きれいですね~。うっとり☆

時々古いヨガ仲間や生徒さんから、「和代先生はヨガとアーユルヴェーダ、どっちの方がメインですか?」みたいな質問を受けることがあります。近年アーユルヴェーダも知名度が増してきていて、ヨガスクールやアシュラムなどで、アーユルヴェーダのコースやトリートメントを提供するところも増えてきました。今後も更にその需要や興味は増してくることでしょう。

空

私にとっては、アーユルヴェーダは、人としてヘルシーでハッピーな人生を送るために誰でも学び実践してほしいものだと思っています。固く考えずに、小さなことでもいいから、食べ物や季節や年齢の変化に合わせて、自然と調和した生き方を学び実践することが大切だと思っています。例えば鼻水が出ているときは乳製品を摂取しないとか(乳製品は粘液を生み出します)、冬に体が乾燥して冷えているときに熱性で油性のごま油でボディマッサージをするとかね。こんなことは今すぐにでも実践できます。

昔アーユルヴェーダの師匠から、「アーユルヴェーダで自分の本質を知り、バランスを整える術を学んでこそ、ヨーガが実践できるんだよ。心身が不調和なら、瞑想もアーサナもできないだろう?」って言われて、それからは、アーユルヴェーダもヨガも別々に考えることが無くなりました。

良い健康や幸せのためにヨガをする、ヨガを楽しく効果的に行えるためにアーユルヴェーダを日々実践する、ヨガもアーユルヴェーダも人生そのものになる、心身が調和して、他とも調和して、地球全体が健康でみんなが笑顔になる。そんな未来のために、今日もヨガやアーユルヴェーダと共に、丁寧に時を重ねていきたいと思います。

Om S'anti,
羅宗和代

Arati教室のクラススケジュールはこちら


春うらら~の休日ヨガ