FC2ブログ

※Arati教室の「南インド・アーユルヴェーダ癒しと学びの旅(8日間)」が先週終了しました。和代は一人の生徒さんとアーユルヴェーダ施設に残り、学びや癒しを続けています。帰国した生徒さんからの滞在の感想をご覧ください。

真理
ある日の朝焼け(標高1850mのニルギリ山脈の山の頂上より)

The difference is beauty.

今回のリトリートでの印象的なコトバ。真理。
母、妻、恋人、家族、職業。。日常の様々な仮面(ペルソナ)を外し、ただsimpleな自分で日本を飛び出してきた。

プラーナに満ちた光と山々に囲まれ、穏やかな人々とホスピタリティ、ドクターのコンサル、セラピストの施術を受けるたび、強張っていた身体がゆるみ、乾いた心が潤い、それぞれのスピリットレベルの癒しがゆるゆると起こっていったように思う。

それはこのMTCの環境だけでなくご縁あってごいっしょできたメンバーのおかげだ。
お互い[はじめまして]の方も多く、メンバー8人それぞれのヨガ、アーユルヴェーダ歴をはじめ、目的は異なっていたが、夜のおしゃべりtimeにふと始まっただれかのライフストーリーから、ルームシェアのベッドタイムトークから、ドクターにぶつけるだれかの質問から、それぞれ何かしら自分に響くポイントがあり、連鎖的な同調解放、Pureな自分に還っていくプロセスだった。どの人も日が経るごとにサットヴァに満ちた穏やかな顔、瞳の輝きが増してゆくのだ。

もちろん女子の集まりなので、ショッピング(ギラギラ)、おでかけ(キャピキャピ)、メンズの話(ハート)、おいしいごはんとチャイtimeはにぎやかなことこの上なしである笑

私自身のことは、
毎日の施術で凝り固まった背中が熟練セラピストにしっかりほぐされた。前屈がかつてなく伸ばせるように。懸案の空咳がほとんど治まった。(施術中の様子は別記事)

バラバラな身体の不調が、プラーナ(生命エネルギー)レベルですべてはつながっていることを教えてもらい納得。日頃感じいていたチャクラや瞑想のコンディション、人間関係パターンへのアドバイス(例え話が宇宙レベルで壮大)

スピリットレベルでは、障害もふくめこれが私の完全なプラクリティであることを知れて、なんとなく引っかかってる魚の骨がやっと抜けた。解放。

身体、マインド、スピリット、すべてのレベルでコンサルしていただけたのは、アーユルヴェーダDr.だからこそだと思う。

この旅ができたこと、ご縁があったすべての皆さんに感謝です!(S.Oさん)


☆アーラティー教室にて8月から新しい講座「究極のアーユルヴェーダ&ヨーガ講座(全8回)」が始まります。詳細はこちらをご覧ください。皆さんのご参加をお待ちしています♪ヨガクラスのスケジュールはこちらです。


パンチャカルマ体験記2018①/昨年までの体験

インドの旅を振り返って~たくさんの愛と感謝~