FC2ブログ

※Arati教室の「南インド・アーユルヴェーダ研修旅行2018」が終了し、生徒さんたちが帰国されました。和代は現在ヒマラヤの町ダラムサラに来ています。

mangoapple

毎年旅の終わりにダラムサラに来ると、ホテルに泊まりながら仕事や勉強に励む。
フルーツは必需品で、村の小さなフルーツショップでいつも季節のフルーツを買う。

「・・・なんで、USA???」

いつもダラムサラで買うリンゴは、インドの北の果てのカシミール地方から来るものでとても美味しい。なぜインドのヒマラヤの山奥にまで来て、USAのリンゴを買わねばならんのよ。しかも、はるか海を越えてやってきたそのりんごは、未成熟の状態で収穫されて、防腐剤とかたくさんつけられてやってきたんだろう。味も食感も全くプラーナ(生命の気)を感じない。

今はマンゴーの最盛期!なんと一個20~30ルピー(50円程)で手に入る!しかも甘くてジューシーで美味しい♪ちなみにUSAのリンゴは1個100円ほど。

「これ、食べられへんな~・・・(考える時は関西風)」 ←しゃべる時は、いろんなミックスになる(汗)。

残った1個のリンゴをもって、フルーツショップへ。

「これ、好みに合わなかった。マンゴーと取り換えてくれない?」
「いいよ、1個持ってきな」
「リンゴは60ルピーだったよ。マンゴーは25ルピーでしょ?2個ちょうだい」
「駄目だよ。リンゴは50ルピーだ、交換は通常していないんだから」
「・・・じゃあ、1個でいいよ。ありがとう!」 と言って、大き目のマンゴーを一つ選んだ。

ふと、思う。・・・こんなこと、きっと日本じゃやらないよね。
インドにいると、良い意味で、裏表なく、ハートで人と話せる気がする。日本だったら、常識とか、遠慮とか、いろんな先入観や固定観念が素直さを邪魔する。もちろん社会人として、非常識であってはいけないと思うんだけど。

インドにいる時の私は、きっと、良い悪い抜きにして、素直なんだと思う。
ハートとハートのコミュニケーションが楽しい。
ここに居る間は、このゆる~い感覚を、楽しもう。

しかし、食のインターナショナル化はヒマラヤの村にまでどんどん押し寄せてきていて、ローカルの食べ物が減ってしまうのは寂しいなと思う。。。


fruitsshopman
ライチとココナッツ屋さん

パンチャカルマ2018⑥/地獄のヴィレ―チャナ(寫下法・パーゲーション)24時間(続き)

パンチャカルマ2018⑤/地獄のヴィレ―チャナ(寫下法・パーゲーション)24時間