FC2ブログ

※Arati教室の「南インド・アーユルヴェーダ研修旅行2018」が終了し、生徒さんたちが帰国されました。和代は施設に残り3週間のパンチャカルマを受けました。その体験記をどうぞご覧ください。

temple at home
毎日のワーシップは大切。健康な体は心から、心はスピリチュアリティから育まれると思う。スピリットのない所に魂は宿らないのだから。花を手向け、香を焚き、マントラを唱える、自分のエゴをドロップして、今日も一日が始まる。


今回初のトリートメントを体験した。ダンニャームラン(Dhanyamlam)という、ちょっとふざけたような名前のトリートメントで、米などの穀類を発酵させた液体を使って行われる。なんと、材料の準備には45日間かかり、トリートメントの仕方も複雑なのでアドバンスコースでも習わない。こんな手間のかかるトリートメントを頂けるなんて有難いことだ。液体にオイルは入っていないが、全身にオイルを塗ってからトリートメントは始まる。

温めて布にしみこませた液体を体全体にかけていくと、体がほかほかしてくる。お風呂に入っているようで気持ち良い。座位、あおむけ、うつ伏せと三つの体位でひたすら液体を浴びて、部分マッサージ(ほぐし)を受けて、また浴びて、ほぐしを受けて、これを二十数回繰り返す。リラックスできるが、体に傷があるとしみるので要注意だ。

これはヴァータ、ピッタ向けのトリートメントで、関節をオープンにして体のこわばりや痛み、アーマを取り除くことができる、様々な関節炎の治療に役立つトリートメントだそうだ。

先の浄化ですっかり関節から毒素を取り除けたはずだが、このトリートメントでは指先やつま先など、細かな関節に残っているアーマ(未消化の毒素)まで取り除けるらしい。しかし冷性のトリートメントなので、体が冷えるかもしれないし、かゆみを感じるかもしれないとのこと。幸い私はかゆみや冷えを感じることは無かったので、予定通り6日間継続することができた。


☆アーラティー教室にて8月から新しい講座「究極のアーユルヴェーダ&ヨーガ講座(全8回)」が始まります。詳細はこちらをご覧ください。早割の締め切りが5月31日です。ヨガクラスのスケジュールはこちら

パンチャカルマ2018⑨/ナスヤ(鼻の点鼻の浄化法)

パンチャカルマ2018⑦/地獄を見たわけ