FC2ブログ

auto

9月28日、高野山ヨガリトリートが終わってから数日後、慌ただしく神戸を出発した。今年二度目のインド旅。

ここ数年間、私の学びはアーユルヴェーダに集中していた。コースやインターンシップ、教室のアーユルヴェーダ研修ツアー、各種コースや個別コンサルテーションの開催など、常に多忙を極め、ヨーガをじっくり学ぶ時間がとれていないと感じていた。
今回の旅では、ヨーガだけをフォーカスすることに決めている。自分のルーツに帰り、これからのヨーガ人生についてじっくりと考えたいと思った。

私に真のヨーガを教えてくれた場所、それは、ヒマラヤの聖地。

そこは、デリーから飛行機で北へ1時間ほど行ったデラードゥンという町から、更に北へ、車で7~8時間ほど走ったところにある、ガンゴートリーという町だ。標高は4000mに迫るヒマラヤの聖地、そこから山道を20㎞ほど歩くと、ガンジス川の源流の氷河、ゴームクに辿り着く。私はその旅の中で、ヨーガの精神、生きるということの一番大切なことを学んだ。そのことは、後に私のヨーガ人生を大きく変えることになった。

2005年まで、オーストラリアでフィットネスヨガを教えていた私は、2007年に神戸に移住することをきっかけに、伝統的なハタヨガであるシヴァーナンダヨーガにシフトし、本質的なヨーガを伝えていく決心をしたのだ。
(続く)

アーユルヴェーダ実践基礎講座、次回10月末開講です
ヨガクラスのご予約1
ヨガクラスのご予約2

ヒマラヤの小さな集落でのこと

高野山ヨガリトリート終了