FC2ブログ


a mank
カフェの二階から通りすがりのチベット僧をパチリ

2005年からほぼ毎年インドを訪れるようになって早14年、インドで経験してきた数多くのハードな体験の中でも、これは1,2を争うほど常軌を逸したものでした。あまりネガティブな話は書きたくありませんが、ネガティブな中にも学ぶべきことがある、というコンセプトであえて記事を書こうと思います。(長いです)。


その日は次の宿に移動する日だった。ある程度快適なホテルをあえて出るには理由がある。どんなに快適と予想する場所でも、実際に泊まってみると、騒音や汚染物質、隣人のパーティー騒ぎなどで、全然寝れないとか、とても不快だ、と思うことがよくある(インドの場合)。なので、日本で宿をとる時、あえて二か所に分けたのだ。どちらの場所も毎年泊まるエリアで環境はよく分かっていた。先に泊まった中級のホテルで大きな問題はなし、次の場所は立地は分かっていたので、あとは部屋の状況次第だと思っていた。こちらはどうやら個人が部屋貸しをしているらしく、あるオンライン予約サイトを通して日本で予約していった。

移動の日の前の週に、すでに下見をして、ここでだろうと思う宿を見つけた。玄関の掃除をしている女性に確認したところ、どうやらそこらしいと思った。そして移動の前日、チェックインの時間を確認しておこうと再度訪問し訊ねてみると、なんと、そこは全く関係のない宿だった。さあ、大変。明日は移動日で、すでに夕方だった。信頼できる予約サイトを通して予約したが、はっきりとした住所の記載はなく、情報は「Cool Talk Café」の裏側、ということだけだった。小さな集落なので、片っ端から周りのゲストハウスを当たったが、どこに訪ねてもそのような宿は聞いたことが無いという。。。狐につままれたような感じとはこのことか、と思った。

少々焦りながら、Wifiのあるカフェに入り、宿に直接メールをした。場所を聞いてもきっと見つけられないだろうと思い、その「Cool Talk Café」まで誰かを向かえに送って欲しいと伝えた。すると、女性を送るが彼女は中に入れないとか、その辺で待ってくれとかあやふやな答えだったので、当日会えない不安を残したくなかったので、確実にカフェの中で私を見つけるようにお願いした。

そして約束の12:00になったが、いっこうに迎えは現れない。カフェは満席で入れず、昨日そこにWifiはあると担当者から聞いていたが、実際には無かった。
「本当に宿に辿り着けるのか?」というか、そもそもその宿は存在するのか?という不安を感じながら、30分ほど待ってから、大きな荷物をカフェの近くの宿に預かってもらい、いつもPCワークをしに行くWifiのあるカフェまで行った。
直ぐに連絡をすると、そのカフェで待つようにと言われた。
しかし、1時間待っても誰も来ない。そのうちようやく、その辺をふらついていた男性が私の迎えだと分かり、向こうは私を男性だと思っていて、私は「女性をよこす」と言われていたから、女性が来るものだと思っていたので、ずっとお互いに認識しあうことなく待ち続けていたのだ。

普通ならこの辺でストーリーは終わりそうなものだが、話はここからだ。(続きを読むへ)
続きを読む

※2018年4月末から6月13日まで和代はインドに滞在しています。教室のアーユルヴェーダ研修旅行終了後、現在、ヒマラヤのダラムサラ(チベット仏教の聖地)に来ています。

cow11cow22
山道を歩いていると美しい牛がやってきて、駆け寄ってきたと思ったら、急に止まって首をかしげながらうっとり(目をつぶってるんです)。牛はとてもイノセントな動物だから食べてはいけない、とグルジ(師匠)に言われたことがある。インドでたくさんの牛を見ていると本当にそう思う


ダラムサラに来てすぐにババジと出会った。ババジには、私が一般的なヨガガールだとは見えなかったようで、初めから他の旅人とは少し違う扱いだった。座っている時の心身の持ち方、そこにいる時のエネルギー、匂い、、など。遠い記憶のかなたに、何か感じたらしい。きっと私も元は修行者、日本にいてもいつも「修行場」に惹かれて足が向いている。その昔ババジにも修業をして頂いた経験があるのかもしれないな、と思った。

ババジはヨーガの様々な技法や理論を指導すると共に、シンギングボウルやレイキなどのヒーリングもされていた。ババジから初めてシンギングボウルのセッションを受けた時、どこかふか~いところに落ちた感じがした。ジェントルなバイブレーションが、肉体、心、魂に至るまで様々なレベルで浸透していって、5元素全部が整ったような、いらないものが全て抜けていったような感覚を覚えた。
そして、私はババジから、その技法を学ぶことになる。

インドはいつも、スペシャルな出会いや学びのチャンスをもたらしてくる。だから、いつもオープンマインドでいないといけない。

☆ダラムサラのチャクラヒーリング体験の記事はこちら
☆神戸のアーラティー教室の月間スケジュールはこちら



monkeyathtl1monkeyathtl2
お猿が部屋のテラスにやってきて、中に入ろうとしているけど、ガラスが邪魔して入れない。。あっちにもこっちにも、猿やら牛やら犬やら馬やら、ダラムサラはアニマル天国です。


※2018年4月末から6月13日まで和代はインドに滞在しています。教室のアーユルヴェーダ研修旅行終了後、現在、ヒマラヤのダラムサラ(チベット仏教の聖地)に来ています。

babaji with coconut
包丁で硬いココナッツを割って見せてくれるババジ


インドに毎年訪れるようになってから14年、今回初めてサドゥーに出会った。サドゥーとは、放浪する修行者(ヨーガ実践者)、苦行僧、仙人などと言われ、インドやネパールに400~500万人いるとされている。

サドゥーのことをババと言い、私の出会ったサドゥーはババジ(ジは敬称)と呼ばれていた。
14歳の時にサドゥーになるための苦行に入り、それから12年間、禁欲の元厳しい修行を積み、ヨーガの秘伝の奥儀を身に付けた。人間離れした感覚や身体能力、肉体、心、魂のレベルで一定の悟りを得た。しかし、悟りのレベルというのは幾つもあって、魂が肉体から離れるその瞬間まで悟りのプロセスは続いていく。一時はスワミ(僧)だったこともあるが、今はサドゥーとして身に付けたヨーガの奥儀を様々な人に伝えているそうだ。ちなみにサドゥーと一言で言っても、正統派のサドゥー家系のようなものは4つくらいしかなく、ババジはその正統派の出身なのだとか。奥が深い・・・。

サドゥーにとって、ヨーガとは、アーサナ(ポーズ)を意味するのではなく、本来は「バクティ(親愛や大きな存在との関りについて知ろうとする行為や姿勢)」なのだという。シヴァナンダヨガアシュラムでも、ヨーガの4つの道(カルマヨーガ、バクティヨーガ、ラージャヨーガ、ニャーナヨーガ)の4つを学び実践する。以前私のグルジ(アーユルヴェーダドクター)も、私のサーダナ(修行)中に、ヨーガの道はそもそもバクティが大事で、バクティさえあれば他のヨーガはいらないと言えるほどバクティは大事だ仰っていた。確かに、バクティがあれば、世界は平和で戦争など起こりえないだろう。皆が先生や神様のためにせっせと拝んだり懇親の行為を行い、自身のエゴをドロップして、他の幸せを願って、他の役に立つことを喜びとして、自己の精神的な成長を目指して生きていく。愛と思いやりに満ちた世界。。。

いろんな出会いを通して、ヨーガへの理解や見方が深まっていく。
ヨーガは一人生にしてならず、、、本当にそんな感じなのだ。(続く)

☆ダラムサラのチャクラヒーリング体験の記事はこちら
☆神戸のアーラティー教室の月間スケジュールはこちら


※2018年4月末から6月13日まで和代はインドに滞在しています。教室のアーユルヴェーダ研修旅行終了後、現在、ヒマラヤのダラムサラ(チベット仏教の聖地)に来ています。
mankonstreet
ダラムサラの町の中心地のマクロード・ガンジー。ダライ・ラマ寺院はここにある

毎年教室の研修旅行で南インドに滞在した後は、ほぼ必ずこのダラムサラに来る。この時期平地は酷暑。38℃~45℃位になるためとても平地にはいられない。このダラムサラの中心地のマクロード・ガンジーは標高2082m、ちょうどアーユルヴェーダの研修旅行で滞在していたニルギリと同じくらいの標高で、気温も25℃前後とどちらも過ごしやすい。私はインドで平地にいない。いつも山の上で過ごすのだ。

しかしこのダラムサラも年々観光客の増加に伴い大気汚染やごみ問題が深刻化してきて、あまり快適とは言えなくなってきた。今年は過去最悪の空気の悪さで、ヒマラヤの山々が白くかすんで見える。人気観光地のトリウンド山も山頂でのキャンプがポピュラーになったことで、ゴミ山と化してきた。観光地化を進めるには、まずゴミ問題を何とかしなければいけないだろう。

とは言え、ここにくる理由はただヒマラヤの観光地でリラックスすることではない。サウンドヒーリングの先生のセッションを受けたり、普段自分が選ばないタイプのヨガやチャクラワークショップ、瞑想クラスを受けたり、また教室で使うシンギングボウルを購入するのもこの場所だ。そして、今年もダライ・ラマ法王のティーチングに参加する。これらを思えば十分ここに来る価値はある。

「ダラムサラ」とは、「ダラムシャーラ―」がなまった言葉だ。「ダラム(ダルマ/法、秩序、使命など)」と「サラ(シャーラ/場所・家)」の二つの言葉からできいる。ここは社会の秩序や生きる意味、人生の目的について学び悟りを目指すための場所、という意味になる。なんてすばらしい~!ダライ・ラマ14世が、若かりし頃チベットから脱出し、標高5000m越えのヒマラヤ山脈を越えてインドに亡命されてから、このダラムサラの一角のマクロード・ガンジーがチベット亡命社会の中心地となった。今はダライ・ラマ寺院を訪れたり、ヨガやヒーリング、アーユルヴェーダ、各種トリートメント、ヒマラヤのトレッキングなどを楽しむ観光客でにぎわっている。

ここはチベット人とインド人、仏教徒とヒンドゥー教徒が調和して生きるピースフルな町だ。もちろん人だけでなく、猿や牛や馬やあらゆる動物たちも共に生きている。私はこの町がとても好きだ。

☆ダラムサラのチャクラヒーリング体験の記事はこちら
☆神戸のアーラティー教室の月間スケジュールはこちら